スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファースの家

こんにちはシーエスホームです。
今回からはファースの家の専用部材を少しずつご紹介して
いきたいと思います。
まずは、「コープレート」
基礎と土台の間に取り付ける部材です。柱から逃げる熱を
軽減させるためのファース専用の弱熱伝導下地材です。
また、土台下に断熱材を充填させる役割もあります。
(緩衝材の役割を発揮し揺れに強い構造となります)

3回目用
そして、外張用断熱材「ファースボード」
(ちなみにファースの家は外・内ダブル断熱です)
どうしても柱や間柱部分は断熱性能が劣るため外側にも
断熱材を張っています。
また表面にはアルミを貼ってあり防水材としても
利用できるようになっています。

3回目用 (2)
以上です。
工事も順調に進んでいますので次回は内側の断熱材を
ご案内できると思います。
スポンサーサイト

家のカタチができました(シーエスホーム)

こんにちはシーエスホームです。
他の建築現場の関係で、工事が遅れぎみでしたが
やっと家のカタチができてきました。

2回目用

それと、前回のブログの続きですが柱の接合部を
補強する金物なども取り付けが終了しました。
(昔の家と違いすごい数の補強金物が必要になります)

2回目用
2回目用 (2)

また、今回の展示場は筋違+外側に通気性のある
耐力面材を使用しました。
(耐震強度のアップと建物の耐久性を考慮して採用しています)
今回は以上です。
「もっと詳しく構造を知りたい」という方はお気軽に弊社へ
お問い合わせください。
次回からは、ファース工法の専用部材についてご紹介して
行きたいと思います。



>>むつECO住宅研究会 公式サイト
ejk_logo.gif

ブログランキングに登録しました。
下のバナーをクリックして頂けると元気が出ます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ むつ情報へ

基礎工事完成

こんにちは、シーエスホームです。
「空気がまわるファースの家」の基礎が完成しました。
PA300192.jpg

PA300195.jpg

今回の住宅は、ECO はもちろんですが、地震に強い家づくりとして
長期優良住宅基準でもある1.25倍(建築基準法で定める壁量が1.0倍)の耐力壁を設定しています。
写真に見える長いボルトは、地震の時や台風の時に柱が土台から
抜けないようにする補強金物を取付るために設けています。
(耐震強度を上げると本数も増えます)
これから土台や、柱が建ってから補強金物の写真もアップしますのでその時にまたご案内します。
お住まいをご検討されている方は、建物の工法と同じく基礎のつくりも
各社で特色がありますので、この機会にご見学されてはいかがでしょうか。
また、外はたいぶ寒くなりましたので、みなさんも風邪をひかないように気を付けて下さい。
私たちもいい家ができるように頑張ります。

>>むつECO住宅研究会 公式サイト
ejk_logo.gif

ブログランキングに登録しました。
下のバナーをクリックして頂けると元気が出ます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ むつ情報へ

プロフィール

むつeco住研

Author:むつeco住研
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。